読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天牛書店 天神橋便り

当店は明治40年の創業以来「ふるほんや天牛」と大阪の皆様に親しんでいただいております。 洋書から和本まで、時代・ジャンルを問わず、ちょっとユニークで楽しい本との出会いをお届けします。  【天神橋店では、当分の間販売のみとさせて頂いております。ご了承下さい。】

秋元書房ジュニア・シリーズ入荷のお知らせ


1950年代刊行の少女小説シリーズ「秋元書房ジュニア・シリーズ」一括セットが入荷しました。
「秋元書房ジュニア・シリーズ」は、翻訳家大久保康雄と児童文学者村岡花子監修のもと昭和30年に創刊、毎月15日と30日に発行されていた翻訳少女小説シリーズ。 「赤毛のアン」で知られるモンゴメリをはじめ、世界各国の十代向け小説を幅広く紹介した本書の翻訳には、大久保康雄田中小実昌田村隆一等の文学者も携わっており、読み物としての面白さはもちろん、色鮮やかな写真を使った1950年代を感じさせる表紙デザインも魅力的な好シリーズです。

ティーン・エージャーの友情と社交、おさないけれど異性に対する愛のめざめ、初めてデイトする娘に対する母親の心づかい、理解のある父親の態度等、自由で明るいアメリカの十代の人たちの心理と社交生活、家庭生活が如実に書かれており、日本の十代とはかなり生活環境がちがうにしても、教えられ考えさせられることの多い愉快な小説です。日本のティーン・エィジャーのみなさんも、この物語のジェーンのように自由に明朗にそして夢をもって、しかも自分というものを大切にして、二度と帰ってこない十五才という年をおくって頂きたいと思います。
(『十五才の頃』裏表紙紹介文より)

ただいま天神橋店内ウィンドウにて展示中です。<終了>
戦後間もない頃の日本の少女たちに夢を与えた、懐かしい輝きをお楽しみください。
<売切>

Copyright (C) Tengyu Syoten. All Rights Reserved.