読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天牛書店 天神橋便り

当店は明治40年の創業以来「ふるほんや天牛」と大阪の皆様に親しんでいただいております。 洋書から和本まで、時代・ジャンルを問わず、ちょっとユニークで楽しい本との出会いをお届けします。  【天神橋店では、当分の間販売のみとさせて頂いております。ご了承下さい。】

『朝鮮鉄道旅行案内』『朝鮮満州支那案内』入荷のお知らせ

『朝鮮鉄道旅行案内』(朝鮮総督府鉄道局著、大正4年)
『朝鮮満州支那案内』(丁未出版社、大正11年)



大正年間に出版された朝鮮・満州・中国の旅行ガイドブック本が入荷いたしました。明治43年の日韓併合以降、人々にとって日本海を隔てた大陸はより身近な、そして魅力的な地として映っていたのでしょう。それは作家たちも例外ではありませんでした。
例えば、芥川龍之介は大正10年に大阪毎日新聞社の要請で100日をかけて上海、北京、天津などを旅しており、帰国後『支那遊記』を著しています。
また、夏目漱石の『満韓ところどころ』、谷崎潤一郎の『朝鮮雑観』『支那の料理』、小説『天鵞絨の夢』『西湖の月』なども、同じ頃の旅行体験をもとに書かれています。作家たちの手によって、これらガイドブックの時代背景を今も窺い知ることができます。
現在とは異なり遥か彼方に感じられた異国の地を想像し、彼らの旅行記を片手に頁を紐解くのも、また乙な読書の愉しみ方かもしれません。



支那遊記』(芥川龍之介,改造社 大正14年)


<天牛書店:朝鮮鉄道旅行案内>
<天牛書店:朝鮮 満州 支那案内>
<天牛書店:支那遊記>

Copyright (C) Tengyu Syoten. All Rights Reserved.